imagingriumを使用した線描画による切り出しの説明


 輪郭を線描画することで、画像を切り出すことができます。この場合の線描画は、「色変換/透過色指定」ダイアログボックスを使用します。

① 切り出したい画像(元画像)を表示させ、右クリックし、「色変換/透過色指定」を左クリックし、ダイアログボックスを表示させます。

線描画による切り出し元画像

元画像


色変換/透過色指定ダイアログボックス

「色変換/透過色指定」ダイアログボックス


② 線描画する色を指定してください。描画色を指定するには、「色表で指定」ボタンを左クリックし、基本色、または、「色の作成」で色を指定(左クリック)し、「OK」ボタンを左クリックします。色は画像にない色を指定してください。

③ 下の「輪郭の線描画」の画像は、対象の輪郭を線描画した結果です。このとき、線が途切れずに連続していることを、画像を拡大し、確認してください。
 処理中に画像の拡大縮小が可能です。表示画像領域を移動するには、「マウス指定なし」を選択し、画像を左ドラックしてください。

輪郭の線描画画像

輪郭の線描画


④ 次に、ダイアログボックスの「反転」ボタンをクリックします。

反転された画像

反転された画像


⑤ ダイアログボックスの「左クリックによる塗りつぶし戻し」を左クリックし、切り出したい領域を左クリックします。
 うまく切り出せないときは、線が途切れています。「戻す」ボタンで③まで戻し、途切れている線を埋めてください。

切り出された画像

切り出された画像




(C) Copyright e技館, 2008-2018